Anyam-Anyaman

手編み中心のハンドクラフトページです。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

 春 の 煮 菜 ニーナ  

ニーナ
           煮菜

新潟には『煮菜』(にな又はにいな)というお漬物を使った料理があります。
少し古漬けになってしまい酸味の出た、たい菜や野沢菜を塩出ししてから調理します。
野沢菜はよくスーパーでも見かけますが、体菜は新潟県産のものが多くこの辺では見かけませんね。
体菜とは、長さ30~40㎝ほどの青菜で漬物によく使われています。

『煮菜』は冬に樽漬けしたお漬物の残りを使って作るので、3月頃によく目にします。
作り方は各家庭さまざまなようです。
先日も帰省した時に母が『煮菜』を作ってくれたのでその味を再現しようと思ったのですが。
作り慣れていないとなかなかこの味は出ないので、私のは『煮菜もどき』・・かも

< 作り方 >

・野沢菜を塩出しします。
 鍋にたっぷりの水を入れて20分ほど煮て、火を止めそのまま半日置く。
 少々固めに、お水を変えながら、塩は十分出し切ります。

鍋

・塩出しした野沢菜は4㎝程の長さに切る。
 お鍋に野沢菜・小魚・うち豆・油揚げを入れひたひたのお水で煮ます。
 油炒めをしてから煮ても良し。

・小魚からおだしと塩分が出ますが、少し和風だしも加えます。
 お酒、味噌、醤油、みりん、酒粕で味付けします。

・味付けは好みなのですが、酒粕は多めがおいしいです。
 
豆・魚・酒粕
 食べる小魚とうち豆と八海山の酒粕

一度漬けた青菜でないとこの味は出ないのです。
お酒のおつまみ、ご飯のおかずにぴったりで、なかなか美味しいものですよ。
ノスタルジックなといいますか・・郷愁を誘う料理ですね。

にほんブログ村 料理ブログ 郷土料理へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

category: 郷土料理

thread: 料理 - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 2

コメント

にいなとな!

煮菜と聞いては普段無口な私も黙ってはいられません。
今頃から春にかけて、私にとっては帰省中の一番のご馳走です!

4月、5月になって、トウナ(太くて大きな菜の花)で炒めて作るのも
また別な味わいで良いですよ〜!
私が自分で作るのはもっっぱらトウナの方です。
anyamanさんのような手の込んだ作り方はなかなか出来ません。
美味しそうですね〜。

Kurz #vu3fy0CQ | URL
2013/03/29 22:30 | edit

Re: にいなとな!

なるほど・・トウナも美味しいですよね。
今度是非作り方を伝授してくださいませ~
私の母はいつも野沢菜で作っています。

我が家の長男も煮菜にはまってしまい、未成年なのに日本酒ーーなどと口走っています。
昔の人は保存食をホントにうまく活用すると改めて感動しますよ。
煮菜を食すると春を感じますね。ふむふむ


anyaman→kurzさま #- | URL
2013/03/30 17:54 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://anyamanyaman.blog15.fc2.com/tb.php/175-76646402
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新コメント

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。