Anyam-Anyaman

手編み中心のハンドクラフトページです。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

~夢の中~  日本画展に行ってきました  

         


田尾憲司さんの個展を訪れるのは2回目です。
田尾先生は息子の通う美術学院の先生で、日本画の画家でもあります。
あの『AQUOS』のCMでも有名な千住博さんとは芸大つながりで、今回の個展もニューヨークから帰国されるとまっすぐに田尾先生の個展に来られたそうです。


実は、私は日本画の事は全くわかりません。
なので偉そうに語る事などできないのですが、この方の絵は私の持つ日本画のイメージとはかなり違うのです。
斬新で幻想的な(説明不足ですが・・) といいますか、まるで夢の中にいるような感じでした。
日本画の特徴は岩絵の具などを膠(にかわ)で和紙に定着させるというところにあるらしく、まるで版画の様な雰囲気があります。
金箔や砂子を使ったり,胡粉をまき散らしたりと技法はさまざまだそうです。


『朝目覚めた時にふと懐かしい気持ちになる。その夢に出てきた人物の顔ははっきりと思いだせないけれど・・昔、確かに出会ったことがある。友達なのか恋人なのかはわからない・・だから顔は描かないのです』
「影飼い」という少女の絵ではそんな説明をして頂きました。 ← この絵は千住さんの売約済み!
猫・猿・鳥・鼠・蛇などのモチーフの作品も多く、その顔は穏やかでほほえましいものばかりです。


物創りというのは観る人に媚びず、仰々しくなく、自然にありのままを表現できたら観る人に感動を与えるのかなと思いました。
亡くなった緒方拳が「演じることは演じないこと」と語っていた様に「絵は見せようと思わない事」(??)なのかも知れません。
勉強になった一日でした~
スポンサーサイト

category: その他

thread: 絵画・美術 - janre: 学問・文化・芸術

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://anyamanyaman.blog15.fc2.com/tb.php/11-84ba7ba5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新コメント

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。