Anyam-Anyaman

手編み中心のハンドクラフトページです。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

春はすぐそこに・・・  

クリスマスローズ

2月14日の横浜豪雪を耐え抜いて、今年も顔を出し始めた我が家のパラボラアンテナ(?!)
クリスマスローズです。

正確には「ヘレボラスアーグティフォリアス」という種。
ヘレボラスは下向きにうつむきかげんに寄り添って、花を咲かせる可愛らしい植物です。
その名から想像するととても華やかなイメージなのですが、実は質素で自然な色が特徴です。

そこで、歴史ある色彩用語なのですが・・

「四十八茶百鼠(しじゅうはっちゃひゃくねずみ)」

江戸時代後期、幕府は贅沢禁止法、いわゆる奢侈禁止令を発令し、どんな身分であっても
贅沢な着物を着てはいけないとされました。

庶民の「着物の色・柄・生地」にまでも細かく規定を設け、きものに関して身につけられる物は
素材は「麻」または」綿」、色は「茶色」「鼠色」「藍色」のみと限定。

江戸の町人たちは茶色や鼠色といった暗い色のなかに繊細微妙なこだわりを取り入れ
「四十八茶百鼠」と言われるほどの多様な色を生み出したのです。

特に茶系統と鼠系統の多彩な色合いとその都度つけられる新しい「色名」が次々と生まれました。
「四十八茶百鼠」とは茶色を48色、灰色を100色くらい使用したことからつけられた
呼び方といわれています。

実際には、100以上の色名があり、四十八や百は色数ではなく多色という意味で言葉のゴロ遊びで
「四十八茶百鼠」と言われたという説もあります。(着物用語大全より)

日本ならではの微妙な中間色、歴史の中から生まれてきているのですね。

春カーデ

少しずつ裾が広がってカーディの形が見えてきました。
切り替えになる一目ゴム編みから自然に増やし目をしています。
同じ編地の連続にちょっと飽きてきてはいますが、あと少し頑張ります。

春はすぐそこに来ています・・・




スポンサーサイト

category: エッセイ

thread: 花と生活 - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 0

ある日のお弁当  

お弁当

野沢菜の葉で巻いたおにぎり・薇(ぜんまい)と油揚げの炒め煮・蓮のきんぴら
にんにくとシソの葉醤油で漬けた鶏のから揚げ・山芋とごま入り卵焼き

出掛けても、出掛けなくても作る時間がある時はお弁当を作ります。
以前は、家族のお弁当のおかずの残りものを入れて自分のお弁当にしていたのですが
最近はきっちり自分のおかずも確保するようにしています(お腹空くのだ!)

というわけで、
これはある日の私のお弁当。

野沢菜漬けの大きな葉で、おにぎりを包みます。
おにぎりにお塩は付けず、野沢菜の塩味だけです。

少し贅沢な薇(ぜんまい)は天然物。
年に数回しか登場しません。
一度沸騰させてから、一晩しっかりあく抜きをしています。
油揚げと炒め煮。

蓮のきんぴらは少し辛目に作ります。
輪切りでなく縦切りが好き。

鳥のから揚げはほぼ毎日、家族のお弁当に入ります。
ワンパターンですが、味は色々と変えていきます。
胸肉の場合はごま油・ナンプラー・だし醤油などでしっかり味付けし、
もも肉はから揚げ粉だったりフライドチキンだったりあの手この手。

にんにく醤油を作っておくととっても重宝します。
空いた大きめのジャム瓶などに、ニンニク5~6かけら位(この辺はいつも適当・・)とシソの葉
10枚位を入れドボドホと生醤油を注ぐ。
冷蔵庫で保管。

お肉料理には欠かせず、手がニンニク臭くならなくて便利です。

卵焼き・・これも欠かせないアイテム。
味はいつも同じです。

しかし、この日は少し変化を加えてみました。
山芋を少し入れごまをちょろり・・
いつもよりしっとりした感じになりました。

なんだか地味な茶弁当ですね。
子供達の分はもう少しボリュームがあって少し華やかかな・・?
それにしてもお弁当は美味しいです。
栄養バランスもとれていて胃もたれしません(笑)
冷蔵庫の整理にもなりますしね・・・

にほんブログ村 料理ブログ 郷土料理へ
にほんブログ村

第15回 弁当(統一版)ブログトーナメント - 料理ブログ村
第15回 弁当(統一版)ブログトーナメント

category: 郷土料理

thread: 料理 - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 0

"Hitofude"カーディガン途中経過  

袖

のんびり進んでいる"Hitofude Cardigan"です。
まずは両袖が出来上がったところ。
両袖下を伏せて、襟を編んでいるところです。
ここから身頃に続く調整段が私にとっての山場。
糸はまだ一本で繋がっています(枷を変える時以外)

SHIBUI KNITSの「Staccato suit」ネイビーブルー
防縮メリノウール70% シルク30%のブレンド US4号(3.5㎜)輪針使用。

今のところ順調ではありますが、
編み上がり後、水通しし、ブロッキングしても、若干サイズ感が小さく感じるとのアドバイス
を受けたのでなるべく試着を重ねながら進めようと思っています。

もともと横ゲージはパターン通りなのですが、縦ゲージがパターンより段数が多いのです。
なので表示よりも糸の使用はかさむとみて多めに購入しました。
透かしの間に裏編みが入るチャートなので縦より横伸びしそうな感じ。

袖 縦

糸はとっても編みやすくて気分がいいです。
これ以上糸が細くなると柄がスカスカ(?!)で薄い感じに・・
太くなると密で重い感じに・・・

夜中のニットタイムはオリンピックによりしばしば手が止まります。
オリンピックは聞きながらというわけには行きませんからね~
目はテレビにくぎ付けになります(笑ー)

また目数間違えたーーー
という事になりかねません。
解きたくないので慎重にすすめます。。。はい

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村


category: カーディガン

thread: 編み物 - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 0

三寒四温  

都会の雪はやはり一大事。
9日の朝、家の前の246号線には乗り捨てられた車がたくさん。
大変な交通渋滞で人々の日常はパニックしました。

雪だるま

8日の夜、近所で見つけた雪だるま。
とってもユニークだったのでパチリ。
とりあえず家にあるもので目、口、手を付けてる感じ。
うれしさ爆発してますね~

大雪で大変な思いをしている人がいる反面、こうしてウキウキしてる人も沢山。
なぜか、やっぱり雪は心をウキウキさせますね。

雪後

わが家にも爆発してる人がいました。
こういうのやってみたかった。。。てか?
新雪の上にパタリ!
雪ってあったかいんだね・・って、私も幼い時そう思いました。

三寒四温。
寒い日が続くと、その後暖かい日が続き、少しずつ春に近づいて行く。
今週末、またしても寒い日がやって来ますね。
春はすぐそこまできているのでしょうか。




category: ひとやすみ

thread: 今日の出来事 - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 0

サバ缶で作るジャガイモコロッケ   

使いやすくて便利なサバの水煮缶は、何かと重宝しますね。
大根おろしに水煮缶を丸ごと入れて、お醤油を少しかけるだけでご飯の友になってしまう
優れものです。
そんなサバ缶で、コロッケ作ってみました。

さばコロッケ

サバ缶コロッケ

<材料> サバの水煮缶 1缶(200g) ジャガイモ 5~6個 玉ねぎ 中1/2個
    大葉 5~6枚

    衣・・・ 薄力粉・卵・パン粉
    調味料・・・ 塩・コショウ・カレー粉・砂糖・味噌 など


<作り方> ジャガイモは半分に切って柔らかくなるまで蒸し器で蒸す。
     熱いうちに皮をむき、マッシャ―でつぶす。

     フライパンにサバ缶を汁ごと入れ、みじん切りの玉ねぎを加え汁気が
     なくなるまで炒める。
     荒みじんの大葉を加え塩・コショウ・砂糖・味噌などでしっかり味を付ける。
     ジャガイモを入れると味が薄まるので濃いめに味をつけましよう。

     ジャガイモに炒めたサバを入れ混ぜ合わせる。
     半分に分け一方にカレー粉を混ぜる。
     ターメリックやカレーの粉末でもいいですが、私はS&Bのカレー調味料を使用。

     ここでも二種類の味をしっかり調える。
     コロッケ状にして衣をつけて油で揚げる。

サバ缶は調理してみると、意外と生臭さも気になるもの。
ジャガイモと混ぜ合わせて揚げているので食べやすいです。
大葉がサバの生臭さを消してくれています。
サバカレーという料理もあるくらいなのでカレーとサバの相性はとてもいい感じ。

好みかと思うのですが・・私は、ひき肉コロッケではカレー味よりもスタンダードな
味が好きなのに、サバ缶コロッケにするとカレー味の方が美味しく感じました。

ジャガイモの味がぼやけているとついついソースを多めにかけてしまいがち。
せっかくのサバの味も消えてしまいますね。
炒めたジャガイモにしっかり味を付けておくとソースをかけなくても美味しく頂けます。

にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村

category: 料理

thread: 料理 - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 0

わが家の恵方巻き  2014立春  

昨日の暖かさとは打って変わって、極寒の立春です。
立春は今日から雨水までの期間、暦の上では春・・・と言っても一年の中ではもっとも寒い時期
になるのですよね。

数年前から(もっと前からあったのかな?)豆まきの頃に恵方巻きを食べるという
ブームに乗っかり、我が家も日曜日に作りました。

今年の恵方は東北東という事で、恵方をむいて無言で一本ガブリといきたいらしい息子達は
このまま一本ずつ・・ドーン!

恵方巻き

趣味は「寿司を握る事」と豪語する主人は、昨年ニューヨークに行って以来、寿司を握る事が
特技となりつつあります。

お寿司を握るボランティアがあったら是非やりたい~(但しネタは支給)と僭越な発言を
していますが確かにその技は熟練してきています。
私たち素人には、回転すしより数段美味しく感じます。
(回転すしやさんごめんなさい!)


寿司アラカルト

手前左から、恵方巻き・アボガドとまぐろ巻・エビフライロール(とろろ昆布巻)・
サバの押しずし・まぐろとサーモンの握り

エビフライロールはイケますよ。
外人さん好みでちょっと邪道と言われるかもしれませんが、ソース・醤油どちらでも
お好みの味付けで頂きます。

そんなわけで・・
恵方巻きもあっという間になくなりました~
さて、どんな福を呼び寄せてくれるのでしょうかね(笑)

にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村

category: 料理

thread: 料理 - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新コメント

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。