Anyam-Anyaman

手編み中心のハンドクラフトページです。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

チェック柄のコースター(織物風)とアスパラ菜のポタージュ  

       織物コースター

一見織物の様にも見える編み地ですが、手編みで簡単にできるチェック柄です。
林ことみさんの「洗って洗ってフェルティング」よりコースターを作ってみました。

そして「おり絵さんの手織り大好き!!」のブログ(私のブログでもリンクさせて頂いてます!)で織り絵さんの作品に刺激され織物っぽく手編みで編めないかしら~と探していたところこの本を発見。

試作で何色か作ってみたのでコースターになりました。
もっと複雑な柄にはならないものかと思案中ですが、とりあえず長編みブロックと中長編みのブロックで編んでみました。
横糸はボーダー柄に長編みもしくは中長編みの連続。
縦糸は糸を2本どりにして毛糸針で交互に差し込んでいきます。
たったこれだけの作業でチェック柄ができたんですね。
初めてトライしてみました。
なぜかうれしい!!~


          チェック柄スワッチ1     チェック柄スワッチ2
                  長編み                    中長編み

端糸の始末をした後、フェルティングしてみました。
全体に2センチくらい縮みましたが凝縮して柄がはっきりした感じです。
見た目の暖かさも増して結構気に入っています。

               フェルトコースター

コースターとして使う場合は暖かなものを乗せる方がいい感じですね。
フェルト化すると少々厚みが増しますので鍋敷きなんかもいいかもしれません。
さっそくアスパラ菜のポタージュを作って出来立てのコースターの上に乗せてみました。


                     アスパラ菜のポタージュ
                         アスパラ菜のポタージュ
    
                            アスパラ菜・1袋
                            玉ねぎ・・・中1/2個
                            バター・・・少々
                            水  ・・・200cc
                            固形スープ・1個
                            塩・胡椒・・適量
                            牛乳 ・・・200cc


                作り方はポタージュと同じです。
                玉ねぎ薄切りをバターで炒め、ざく切りにしたアスパラ菜・水・
                固形スープの素を入れて煮る。                   
                柔らかくなったらミキサーにかけて鍋に戻す。
                あとは塩・コショウ・牛乳で味の調整。


アスパラ菜は先が菜の花でくきがアスパラの様な食感です。
母が旬の野菜なので、と新潟から送ってくれたので早速ポタージュにしてみました。
くせは無いけどやはり緑の味です。
体にいいぞ~という感想。

最後は料理の話になってしまいましたが織物風、もう少し研究続けてみまーす。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

category: 小物

thread: 私のハンドメイド報告 - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 3

クルとナギのクリスマス  

           クル&ナギ

Kurzさまより、クル(左)とナギ(右)の去年のクリスマス便りが来ました。
かわいい毛糸の三角帽子。
ちゃんと顎用ゴムがついている。
なんだか見ているだけでぬくぬくしてきます。
「猫なで声」が聴こえてきそうな・・
あれっ? 猫なで声って猫が出すんだっけ・・人間が出すんだっけ・・?
まっいいや。


                       風呂の上のクルナギ


「崖の上のポニョ」ならぬ「風呂の蓋の上のクルとナギ」
床暖の上にいる様な気分なんだろうな~
猫って水を怖がるっていうけど落ちるって事は想定していないんだろうか。
そのうち寝ちゃって寝像が悪くて落ちるとか・・

昔、私も猫を飼っていたことがあるけど、朝目覚めると私の胸の上で前足きれいにたたんで眠っていたりするんですよね。
お行儀よく。
私は目が覚めてギョっとするんですけど。

ともかく、今年も宜しく出演お願いしますね。。クルナギさん(クロヤギさんみたい・・)

category: その他

thread: 雑記 - janre: その他

tb: 0   cm: 2

あじろ編みのコスメバッグ  

               あじろ編みバッグ

久しぶりにアップしました。
あじろ編みのコスメバッグです。
「パピー発」の手編みの本Vol.10に掲載されていたあじろ編みバッグがとても素朴で素敵だったので、それを参考に作りました。
中長編みの玉編みがもう少しポコっと出来上がるはずだったのにちょっと納得いかず・・
手が慣れたところで出来上がってしまった。

コスメに限らず何を入れても良いのですが、大きい鞄に入れられる様にサイズも小ぶりに作りました。
ちなみに私のバッグの中はいつも整理されていなくて、必要な時に必要なものがすぐに出せないのです。
だから忘れ物も多くて困ったものです。
なるべくバッグの中もカテゴリー別に分けて綺麗に整理したいものです。


           アジロ編みバッグ底

底の部分はまるでスリッパの裏の様。
ですが、コマ編みでしっかり編んでいるので型崩れも少なく意外に安定感あります。
ボタンループは赤の糸で鎖を編んで二段目はグレーの糸でコマ編みしています。
ほんの少しの変化ですがポイントになります。

                          バッグボタン

一月の入って寒さのせいもあってか、身近な人達の大切な方がお亡くなりになったりしています。
突然の悲報が続くととてもさびしい気持ちと共に時の流れといいますか、ゆっくりと世代交代しているのだと感じさせられます。
亡くなられた人達にも、または今は病気で闘っている人にも、人生の中の最盛期がありこの日本を背負い走り抜けた時代があったわけです。
先人の人達が作ってきた歴史の延長に私達が生きています。
お葬式に出席しながら儚いが素晴らしい人間の一生について考えてしまいました。

さて、次回は何を作ろうか・・・・

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

category: バック

thread: 私のハンドメイド報告 - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 2

つむぎの棒針ケース  

      棒針ケース4 棒針ケース2
      棒針ケース5 棒針ケース6

年の初めに、かなり使い古して汚れていた棒針ケースを新しく作り直しました。
どんなに古くても使い慣れて思い入れがあるものはなかなか手放せないものですが、使っていた年数を考えると流石に新しくしなければとずっと思っていました。

素材は去年購入した小千谷紬(つむぎ)のハギレです。
正絹ですぞ。正絹。
何と贅沢な絹の棒針ケースかと思うかもしれませんが、使い道がなかなか見つからず持て余していたハギレです。
でもこうして配色にして作ってみるとなかなかではないでしょうか、と自己満足&自我自賛。

使い勝手は以前使用していたものとほぼ同じ様に作りました。
実はここに入っている以上に針があるのですが、今回は使い慣れているものだけで整理しました。
曲がってしまったり、割れそうな針は始末して少しさっぱりしたのです。


              小千谷紬

去年、ブログでもアップした紬(つむぎ)のハギレ。
暑い夏だったせいもあり、あのサラサラで心地よい麻の『縮ちぢみ』のハギレ(反物は高くて買えない・・)を探したのですが見つからず紬にしたのです。
今となっては紬でよかったかなと・・・
絹のつやのあるパリッとした始末のよさにひかれております。

余談ですが、水戸黄門は自分の事を越後のちりめん問屋と呼びますが「ちりめん問屋」って何だがわかりますか?

ちりめんとはシボのある布の事だそうです。
漢字で書くと『縮緬』(ちりめん)
シボとは麻布を織りあげた後に最終工程でできるシワ、凹凸の事です。
水戸黄門一行はこのシボのある布を扱う越後の問屋の隠居さんという身分で諸国漫遊していたわけです。
要するに黄門さまは縮の大ファンだったと言う事ですね。

今年は黄門さまも愛する『縮』の布を、是非手に入れてハンドメイドしたいでーす。


にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

category: 小物

thread: 私のハンドメイド報告 - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 3

新年明けましておめでとうございます ~郷土料理第二弾~  

ありましたね。ありましたね。
14時28分 関東地方に深度4の地震。 
少し不安な幕開けとなりました。

地震が止むと人々は何気なく又普通の日常に戻ってしまいますが、奴は飲み・騒ぎ・浮かれている時にやってくる
と言います。
いつも頭の片隅に奴を意識して、奴の攻撃を迎え打つ体制を整えておきたいものです。

さてさて、今回は新巻き鮭について語ってみたいと思います。。
元日早々おせちに飽きてしまった人は多いかもしれません。
私もその一人です。
だから食い飽きないうちにアップしておこうと思ったのがこの新巻き鮭の昆布巻き
おせちに入っている昆布巻きは日持ちさせる事も考えて甘く(中には甘露煮の様に)味付けしてあるのが多いのですが、この昆布巻きは甘くありません。
ご飯のおかずになります。うめえうめえ~
     

           昆布巻き

           Cpicon おせちに・新巻き鮭の昆布巻き by anyaman

新潟ではお正月に新巻き鮭を頂いたりすると体は切り身にして、頭や骨は昆布巻きに入れます。
新巻き鮭はもともと年取り魚として12月31日に食べる習慣があります。
一の髭のところを生のまま神棚にあげ、家族の来年の健康を祈った後、一家の主人がそれを食べるのです。
私の実家でもそうでした。

ちなみに頭や骨の使い方について教えて!gooなども読んでみましたが、アラ汁が紹介されていました。
アラ汁も勿論うまい! ですが昆布巻きも最高です。
圧力鍋で煮ると骨がトロトロになって鮭のパサパサ感が無くなり絶妙の味になります。

それともう一つ。
忘れてはいけないのは、頭の鼻先部分の「氷頭」を取り出して置くことです。
いわゆる軟骨の部分でこりこりしています。
片栗粉をまぶして唐揚げにしたり、ちらし寿司に混ぜたりいろいろですが、私の母はよく氷頭なますにしていました。
 
  氷頭なます
    
    氷頭を薄切りにして酢に漬ける。(2時間以上)
    大根・人参を千切りして塩に漬ける。
    しんなりしたら汁を切り氷頭と混ぜ塩・砂糖・酢で味を調整。
    器に盛っていくらをのせる。
 

お料理って地域によって習慣や食べ方が違っておもしろいなぁ~
今年は郷土料理にもチャレンジしてみま~す。

今年もよろしくお願いします

にほんブログ村 料理ブログ 郷土料理へ
にほんブログ村

にほんブログ村 トラコミュ 料理、クッキングへ
料理、クッキング

category: 郷土料理

thread: 料理 - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 2

プロフィール

最新コメント

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。