Anyam-Anyaman

手編み中心のハンドクラフトページです。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

ブルーウイローのティーコーゼ  

           ティーコーゼ

ブルーウイローのティーコーゼ。
「ウイロー」とは柳のこと。
以前からマイティーポット用のティーコーゼを作りたいと思っていたのですが柄をどうしようかと・・
そんな時、画家でありテキスタイルデザイナーでもある、そして私のハンドルネームにも使わせて頂いているサシャ・カガンのテキスタイルブックに中国の「柳柄」を見つけ興味を持ちました。
サンプルを編んでみたらなんかいいぞってことで・・ウイローパターンに決定。
ここのところコマ編みの編み込みに凝っているので、綿麻のレース用の糸を二本どり4号で編んでみました。
近くでみると柄がはっきりしてない様に見えても、離れてみるとはっきり模様が分かる感じが好きです。

さて、このウイローパターン(柳柄)を調べていくうちに意外にも英国の紅茶文化と関連性があることがわかりました。
ご存知の方はよ~く知っているのですよね。
ウイローパターンは18世紀後半に英国の陶磁器メーカー・ミントンの創始者、トーマス・ミントンによって創作されたと言われています。
因みにミントンは陶磁器に転写する銅板を彫刻する職人だったのです。
ブルーウイローのパターンはロイヤルコペンハーゲン、マイセン、ウェッジウッド、ロイヤルドルトンなどでもデザインされています。

ウイローパターン1

ウイローパターンは「」の他に二羽の鳥、橋、楼閣、小舟が描かれているのが特徴です。
私も大好きなBlue&Whiteの陶磁器シリーズ。
この柳柄に伝説の物語があったのをご存じですか?

                      ウイローパターン2


ブルーウイローの伝説

この伝説にはコンセーとチャンという中国人の物語が描かれています。
コンセーはお金持ちの美しい娘。チャンはコンセーの父の秘書でした。
二人は愛しあっていましたがコンセーの父がそれを知ってチャンを解雇してしまいます。
父はタージンという裕福な公爵と娘を婚約させ二人を会わせない様に家の周りにフェンスを張り巡らします。
家の裏には柳の木が垂れ下がっています。
コンセーとタージンの婚礼の日、父は宝石の入った箱をコンセーに渡します。
チャンはみすぼらしい格好で婚礼に忍び込み、すきを見てコンセーを連れ宝石箱を持って逃げ出します。
父親に追いかけられながらも、二人は逃げおおせて小舟で離れ小島へ向かいます。

逃げた島で二人は幸せに暮らし始めますが、消息を知ったタージンは復讐に燃え大軍を率いて島へ向かいます。
チャンは兵士によって殺されコンセーは自ら命を絶ってしまうのです。
二人の魂は二羽の不死の鳥に姿を変え永遠の愛の象徴として天空を舞い続けたのでした。
(AllAboutより)

ウイローパターン3

私も悲恋の純愛物語をまんざら嫌いではないので、そんな物語の様子がお皿やカップに描かれているなんてびっくりでした。
これからウイローパターンを見つけた際はそんな物語を思い出しながら鑑賞すると、さらがら名画をみるような気分が味わえるような気がします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

category: 小物

thread: 私のハンドメイド報告 - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 2

ビールのつまみ  

          ビール

ビールもおいしい季節となりました。
今回は、ちょっとおつまみをご紹介。
クラフトページがつまみのページになってしまった。

 新じゃがで作る俺のジャーマンポテト ←作り方はここをクリック

新じゃがを使った俺のジャーマンポテト

新じゃがのおいしい季節。
これは普通のジャーマンポテトにウスターソースを加えました。
コクが出ておいしいよ。
新じゃがは柔らかいので大きめにざっくり切りましょう!


 つるなしスナップえんどうと油揚げの簡単炒め ←作り方はここをクリック 
              
つるなしスナップえんどうと油揚げ炒め

自宅近くに畑を借りてお野菜を作っているお友達から、採りたてのつるなしスナップえんどうを頂きました。
プリプリでおいしいのでさっそくおつまみに変身。
レシピも教えてもらったのでアップしたよ。


 新じゃがのイモフライ

新じゃがのいもフライ

うちの主人は栃木県の足利市の出身で、ソースが大好きです。
この町には『イモフライ屋』というお店が町の至る所に点在しています。
イモフライの他に『もんじゃ』とか『ポテト入り焼きそば』などのメニューが並び、駄菓子屋の様に子どもたちが並んでいたりします。

作り方は簡単。
蒸かしたじゃがいもを4~6つ割りにして衣を付けます。
衣は小麦粉を水で溶いたもの(天ぷらみたいな感じ)にジャガイモをくぐらせ、パン粉を付けて油で揚げます。
今回は楊枝に刺して揚げましたが、本来は竹ぐしに4から5個刺さっています。
主人はこのイモフライをたっぷりのウスターソースにどっぷりと付けて食べております。

お試しあれ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

category: 料理

thread: 料理 - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 1

5月の庭  

  ひこうき雲

GWは家の片づけと庭の手入れに明け暮れました。
そんなGWの半ばのある日、ひこうき雲を発見!
思わずシャッター!シャッター!

改めて・・地球って丸いんだなぁ。

草取りが好きです。
花の苗を買ってきても植えるのは主人の仕事。
私はひたすら草を取っています。
取っても取ってもなかなか減らない草に腹が立ってきて「これでもか~」となってしまいますが。
いろいろ発見もあるものです。
で、なぜか我が家の雑草をエントリーしてしまいました。

         チチコグサモドキ

チチコグサモドキ
毎年芝生に繁殖する。ほっておくと四方八方に茎をのばし巨大化してくる。
カマで根っこごと取れるので抜くのは楽しい。
越年草又は一年草。
熱帯アメリカ原産の帰化植物で西日本に多いが関東にも広がりつつある。 
       
         ドクダミ

ドクダミ
これはよく見る雑草ですね。道端などに自生して半日陰地を好む。
すごい悪臭がありますが加熱すると臭気がいくらか和らぐらしい。
私の母はドクダミを干してお茶にして飲んでました。
利尿作用があって動脈硬化の予防にもなる。
        
         スベリヒユ

スベリヒユ
これも芝生に沢山自生してくる敵。
と思っていましたが、調べてみると食用でもあるらしい。
山形では「ひょう」という名が付いていてゆでておひたしにして食べる習慣があるのだそう・・
生姜醤油で頂く。
茎や葉には粘液があるので乾燥に強そうな雑草。

         芝の大敵クローバー

クローバー
芝の大敵!クローバー。
うちに繁殖し始めているのは黒のクローバー。クロバツメクサというのかな?
とにかく雑草の中ではしぶとく、繁殖しやすい。
なぜなら抜いても根が残ってしまうのです。
根っこを取ろうとするとプツッと切れる。
まるで抗がん剤の効かないがん細胞のようです。

と、こんな風に雑草も様々・・
あの手この手とこの大地を支えています。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

category: その他

thread: 雑記 - janre: その他

tb: 0   cm: 0

鳥柄のバッグ  

        鳥のバッグ


初夏を感じるバッグが出来上がりました。
鍵編みでこんなに細かい編み込みは初めてかもしれません。
編み始めたら楽しくて、空いてる時間を見つけては毎日コツコツと編みました。
編み込みは5号、無地は4号を使用。
柄と形は以前『おしゃれ工房』で紹介していたもの。


        鳥のバッグ

今年の夏は鍵針の編み込みを何点か作ってみようと思います。
柄はただ今思案中。



                 トリバッグ


庭に顔を出した『十二単(じゅうにひとえ)』又の名を『アジュガ』
毎年、いくつも群れになって顔を出すのですが、今年はさびしくひとつだけ・・
何枚も衣を重ねたように咲く姿を平安時代の宮中女官の十二単に見立てたもの。
我が家の十二単は薄紫色。
白やピンクもあるらしいです。
花言葉は「強い結びつき」「達成」
ひっそりと咲いている割には、心の強さを感じますね。



                   十二単

a href="http://handmade.blogmura.com/knitting/">にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

category: バック

thread: 私のハンドメイド報告 - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 3

プロフィール

最新コメント

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。